スタッフブログ

注目!テレビでも特集された「リビ充家族」

 2017年04月19日

こんにちは。

突然ですが、あなたは、「リビ充家族」をご存知ですが?

私は、今年の初めに耳にしまして、ふ~ん…と聞き流していたのですが、今朝、たまたまテレビ特集されていたのを見まして…

せっかくなので、少し、ご紹介したいと思います。

 


 

2017年住まいのトレンドキーワード

「リビ充家族」とは、SUUMOを運営する(株)リクルートホールディングスが発表した、2017年住まいのトレンドキーワードです。

「リビングを最大化し、そこで各々が好きに充実した時間を過ごす家族が増加」することを予測したもので、リビ充は、リビングの充実を指しているそうです。

 

リビングMAX化、個室min化

お客様と家づくりの話をしていても、リビングは、ただテレビを見てくつろぐ空間ではなく、「子供の勉強」「仕事」「趣味」「食事」「家事」「遊び」など、用途の希望はたくさんあります。

家族みんなで何かをするのではく、同じ空間を共有できるけれど、それぞれが違うことをして、お互い邪魔しない。

そのために、広いリビングが求められているんですね。

 

リクルート住まいカンパニーの2016年の調査によると、住宅検討者のおよそ7割が、「リビング・ダイニングの広さ」を「妥協したくない・確保したくない」と考えている一方、「部屋数の多さ」と「主寝室の広さ」にこだわっているのは、およそ2~3割。

「個室を小さくしてでも、リビングを広くしたい!」

そんな考えが読み取れる結果です。

 

工夫を凝らしてリビング充実

注文住宅の天然樹ホームでも様々なリビングを施工しています。

スタディカウンターのあるリビング

タタミのスキップフロアに掘りごたつを造ったダイニング

音響設備をつけたダイニング

リビングとタタミコーナーをつなげて

 


 

さて、偶然にも、リビングに工夫を凝らした天然樹ホームのお家が、今週末、ご見学いただけます。

4月22日(土)~30日(日)完成見学会

勾配天井に、タタミのスキップフロア、見た目は小さく、中身は大きく、カッコイイ和風の平屋のお家です。

お気軽にご来場ください。

施工例や、建築中の様子・壁塗り体験など日々更新しています
動画一覧はこちら>
HATTERAS YACHTS JAPAN,SALES
〒514-0004 三重県津市栄町2丁目312 津 第一生命ビル 6F
津 モデルハウス資料館 TEL:059-235-2040
鈴鹿 モデルハウス資料館 TEL:059-384-5776
受付時間 10:00~18:00
COPYRIGHT © 2020 天然樹ホーム. ALL RIGHTS RESERVED.