スタッフブログ

家づくりを成功させるために!注文住宅の失敗例をご紹介します!

 2022年07月14日

一生に一度の大きな買い物である家づくりでは絶対に成功したいと思われる方も多いでしょう。
しかし、残念ながら家づくりで失敗したと感じる方もいらっしゃるようです。
そこで今回は、注文住宅の反面教師として、失敗例をご紹介します。
また、注文住宅で失敗しないためのポイントも紹介するので参考にしてみてください。

 

□注文住宅の失敗例をご紹介!

1つ目が、リビングが広すぎて冷暖房の効率が悪くなった例です。
リビングを広くしたいという方は非常に多いですが、ゆったりとした広いリビングはエアコンが効きづらい場合があります。
このような事態を避けるため、引き戸などの移動できる間仕切りを設置すると冷暖房の無駄が減らせるでしょう。

2つ目が、生活感のある室内が丸見えになってしまう例です。
玄関から室内までに遮るものがない家は開放感がありますが、その分人の出入りの際に外から丸見えになってしまう可能性があります。
このような事態を避けるため、家づくりの際には室内で過ごす家族のみでなく、宅配便の配達員や来客などからの外の視点も考えた間取り計画が重要です。

 

□三重周辺の注文住宅で失敗しないためのポイントをご紹介!

ここからは、家づくりで失敗しないために意識したいポイントを3つご紹介します。
1つ目が、将来のライフスタイルまで見据えた間取りにすることです。
例えば、子どもが成長すると、管理したい洋服や勉強道具などが増えますし、さらに時間がたつとバリアフリーが必要になってきます。
途中でリフォームするのも良いですが、その際にも対応できない間取りになる可能性があるので、ある程度長期的な住みやすさを配慮するのがおすすめです。

2つ目が、余裕を持った資金計画を立てることです。
住宅ローンによって日々の生活が苦しくなってしまっては本末転倒なので、住宅ローンの返済が生活費を圧迫しないよう余裕を持って資金計画を立てましょう。

3つ目が、オプションを慎重に吟味することです。
家づくりの際に様々なサイトを見ると、便利なもの・品質の良いもの・デザイン性の高いものが次々に見つかり、オプションを取り入れたくなりますよね。
しかし、いったんご自身の生活スタイルを冷静に見つめて、本当に必要か慎重に吟味するのが大切です。
家づくりでは1つ1つが高くつき、いつのまにか金銭感覚がズレる場合がありますので注意しましょう。

 

□まとめ

今回は、マイホームづくりには絶対に成功したいという方に向けて、反面教師として注文住宅の失敗例についてご紹介しました。
また、注文住宅で失敗しないためのポイントについてもご紹介しました。
この記事が皆さんの参考になれば幸いです。
その他ご質問や相談等ありましたら当社までお気軽にお問い合わせください。

思わず深呼吸したくなるモデルハウスを体験 ご予約はこちら
天然樹ホームの家づくりが分かる パンフレット&お施主様の声&塗り壁見本 無料プレゼント! 詳細はこちら

Instagramはじめました。フォロー大歓迎。

本社事務所に集まった各部署のホットな情報をお届け。お気軽にフォローしてください。

アカウント名:天然樹ホーム ID:tennenjyu_koho

QR

インスタブラムフォロー

 

上に戻る

まずは、モデルハウスを見て体験しよう!

資料請求をしてみよう!