スタッフブログ

家づくりで後悔したくない!失敗しないために重要なポイントをご紹介します!

 2022年06月30日

皆さんは、家づくりを行う上でどのようなポイントに注意すべきかご存知ですか。
せっかくの住宅購入ですので、できるだけ後悔のない快適な住まいを実現したいですよね。
今回は、そんな家づくりでの失敗例や、失敗しないためのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

 

□家づくりにおける失敗例をご紹介!

最初に、家づくりではどのような失敗をしがちなのか、その例をいくつか見ていきましょう。

 

*収納が少なかった

まず、家づくりでは「収納」で後悔してしまう方が多くいらっしゃいます。
収納は多めに設置した方が良いとは分かっていても、実際に家づくりをするとどのくらい用意すべきかイメージしづらいですよね。
他にも、収納では「奥行きを取りすぎて奥のモノが取り出しづらい」や「逆に収納を多く設置しすぎた」という声も上がります。

 

*外からの視線が気になる

次に、間取りで失敗してしまうと外から丸見えの住まいになってしまいます。
リビングに大きめの窓を設置するご家庭も多いですが、外からの視線を遮るものがなかったり、隣の家と窓の場所が向き合っていたりすると、落ち着きません。

 

*冷暖房設備の効きが悪い

最後に、住宅の性能に関する失敗例をご紹介します。
近年、家づくりでは「断熱性」や「機密性」といった言葉が注目を集めています。
この2つの性能が低いと、冷暖房設備の効きが悪い住まいになりかねません。
大きめのリビングを設置する場合や、吹き抜けを取り入れる住宅で多く見られるため、注意しましょう。

 

□失敗しないために気をつけるべきポイントとは?

では、家づくりで失敗しないためには、どのような点に気をつけるべきなのか。
ここからは、そんな家づくりに関する重要ポイントをご紹介します。

家づくりで気をつけるべきポイントは、「家族構成を考える」ことです。
家族は何人いるのか、それぞれ何歳くらいなのか、どのような設備が不可欠なのかを明確にしましょう。
もし小さなお子さんがいらっしゃる場合には、子供の成長も加味した間取りづくりが必要です。
一人一人の生活に適した間取りで、家族全員が使いやすい住まいを目指しましょう。

また、家づくりでは「優先順位」を決めておくこともポイントです。
いざ家づくりを進めると、様々な設備を設置したくなり、費用がかかるだけでなくかえって居心地の悪い住まいになりかねません。

さらに、見た目を重視するのか、もしくは機能性を重視するのかなど、導入する設備によって間取りがある程度決まる場合があります。
そのため、家づくりを始める最初の段階で、何にこだわりたいのか優先順位をはっきりさせておきましょう。

 

□まとめ

今回は、家づくりにおける失敗例と、失敗しないためのポイントについて詳しくご紹介しました。
本文でもご説明した通り、家づくりで重要なのは「家族構成」と「優先順位」です。
三重周辺で住宅の購入を検討されている方は、ぜひ当社までご相談ください。

思わず深呼吸したくなるモデルハウスを体験 ご予約はこちら
天然樹ホームの家づくりが分かる パンフレット&お施主様の声&塗り壁見本 無料プレゼント! 詳細はこちら

Instagramはじめました。フォロー大歓迎。

本社事務所に集まった各部署のホットな情報をお届け。お気軽にフォローしてください。

アカウント名:天然樹ホーム ID:tennenjyu_koho

QR

インスタブラムフォロー

 

上に戻る

まずは、モデルハウスを見て体験しよう!

資料請求をしてみよう!