スタッフブログ

マイホームをお考えの方へ!マイホームの維持費についてご紹介します!

 2022年01月22日

 

マイホームの維持費で不安な方はいらっしゃるでしょう。
マイホームを建てる費用だけでなく、維持費も気になりますよね。
そこで今回はマイホームの維持費についてご紹介します。
マイホームをお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

□マイホームの維持費の種類をご紹介!

 

今回は、マイホームの維持費の種類を6つご紹介します。

 

1つ目は、住宅ローンです。
マイホームをローンで購入した場合、毎月返済する必要があります。
そのため、マイホームの維持費に該当します。

 

2つ目は、修繕費です。
マイホームを建ててから時を経ると、劣化する箇所が出てきます。
そのため、劣化した箇所を修繕するための修繕費が必要です。
この修繕費も維持費に該当します。

 

3つ目は、各種保険です。
火災保険や地震保険などマイホームを建てる際に、加入する保険はいくつかあります。
保険の加入に必要な費用も維持費に該当します。

 

4つ目は。各種税金です。
マイホームを所有していると、固定資産税や都市計画税が発生します。
固定資産税とは、土地や建物を所有することで毎年発生する税金です。
都市計画税とは、土地区間整理事業や都市計画事業に使われる税金です。

 

これらの税金も維持費に該当します。

 

5つ目は、自治会費用です。
自分の住んでいる地域の自治会に入会すると、自治会費用を支払う必要があります。
自治体費用も維持費に該当します。

 

6つ目は、光熱費です。
生活をする上でかかる光熱費は毎月かかります。
そのため、光熱費も維持費に該当します。

 

 

□家の維持費を抑えるコツをご紹介!

 

今回は、家の維持費を抑えるコツを3つご紹介します。

 

1つ目は、耐久性のある素材を使用することです。
修繕費を抑えるために、耐久性のある素材を使用することをおすすめします。
耐久性のある素材はメンテナンスが少ない分、価格は少し高めです。
しかし、修繕費用を抑えることを考えると費用対効果は高いです。

 

2つ目は、簡単な修繕は自分で行うことです。
自分でもできそうな修繕の場合は、自分で行うと良いでしょう。
しかし、無理をすると怪我をする可能性があるため、できる範囲で行うことが大切です。

 

3つ目は、自然素材を採用することです。
天然樹ホームでは、床材に天然の無垢材を採用しております。
そのため、合板フローリングのように剥がれたり傷がついて下の地が見えることがありません。
また、壁には塗り壁を使用しておりますのでビニルクロスのように隙間が目立ってきたり破れ、剥がることがありません。

 

このように自然素材を採用することでメンテナンス費を抑えられるので、維持費を抑えることにつながるでしょう。

 

 

□まとめ

 

今回はマイホームの維持費についてご紹介させていただきました。
マイホームの維持費は種類が多いですが、費用を抑えるコツもあります。
マイホームの維持費を抑えたい方は、本記事を参考にしていただけると幸いです。
また、三重周辺でマイホームの維持費について詳細を知りたい方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

思わず深呼吸したくなるモデルハウスを体験 ご予約はこちら
天然樹ホームの家づくりが分かる パンフレット&お施主様の声&塗り壁見本 無料プレゼント! 詳細はこちら

Instagramはじめました。フォロー大歓迎。

本社事務所に集まった各部署のホットな情報をお届け。お気軽にフォローしてください。

アカウント名:天然樹ホーム ID:tennenjyu_koho

QR

インスタブラムフォロー

 

上に戻る

まずは、モデルハウスを見て体験しよう!

資料請求をしてみよう!