スタッフブログ

自然素材を住宅で使用するメリットとデメリットを解説します!

 2021年09月22日

 

「自然素材を住宅で使用するとどのような利点があるのだろう」
三重県にお住まいで、このようなお悩みをお持ちの方も多いでしょう。
そこで、この記事では自然素材の家のメリットとデメリットを紹介します。
ぜひ参考にしてください。

 

 

□自然素材の家のメリットとデメリットとは?

 

自然素材の家が良いと言われているが、何が良いのかだろうか、というお考えの方も多いでしょう。
そこで、まずは自然素材の家のメリットとデメリットを紹介します。

 

1つ目のメリットが、体に優しいことです。

自然素材でない住宅には、化学物質を含む接着剤などが使用されており、ホルムアルデヒドなどを発生させる原因になります。
ホルムアルデヒドは、工業製品の建材や塗料、ビニールクロスなどに含まれており、シックハウス症候群を引き起こします。
これが引き起こされると、鼻水や喉の痛み、咳などの症状に悩まされることになるので、その原因を避けられるのが、最大のメリットです。

 

メリットの2つ目が、過ごしやすい環境が作れることです。
自然素材の家で使われる漆喰や無垢材などには、天然の調湿効果があります。
前述したホルムアルデヒドのほかに、シックハウス症候群の原因となるダニやカビは、湿度が適切でない環境で発生しやすいです。
そのため、湿度の高い日本にとても適した素材と言えます。

 

デメリットの1つ目が、コストがかかることです。
一般的な建材と比較すると、それぞれの素材が高いという特徴があります。
そのため、自然素材の採用に積極的な当社のような会社を選ぶ必要があります。

 

デメリットの2つ目が、傷がつきやすいことです。
無垢材は物を落とすといったダメージに弱いという特徴があります。
ただし、小さな傷は自分で補修できるので経年劣化を楽しめるという魅力があります。

 

自然素材に関心がある方は、上記のような特徴をまずは理解しましょう。

 

 

□自然素材の種類とは?

 

続いて、自然素材の家で採用される無垢材を紹介します。

 

1つ目が、ヒノキです。
ヒノキ風呂などに採用されているように、強度が高くリラックス効果が高い木材です。

 

2つ目が、赤松・スギです。
加工しやすいことから、構造部分にも内装にも採用しやすい木材です。

 

3つ目が、ウォールナットです。
独特な深みがある色が特徴で、高級感があります。
シックなインテリアにしたい方におすすめです。

 

 

□まとめ

 

この記事では、自然素材のメリットとデメリット、木材の種類を紹介しました。
健康的な住宅に関心がある方や内装にこだわりたいという方は、自然素材を検討してみてください。
関心がある方は、ぜひ一度弊社にご相談ください(^^)

いつでも見学できる県内2ヶ所の常設展示場 ご来場予約 詳細はこちら
プロが教える!住宅会社選びにかならず役立つパンフレット無料プレゼント 詳細はこちら

Instagramはじめました。フォロー大歓迎。

本社事務所に集まった各部署のホットな情報をお届け。お気軽にフォローしてください。

アカウント名:天然樹ホーム ID:tennenjyu_koho

QR

インスタブラムフォロー

 

上に戻る

まずは、モデルハウスを見て体験しよう!

資料請求をしてみよう!