スタッフブログ

自然素材の家での虫対策について解説します!

 2021年09月06日

 

「自然素材の家を検討しているが、虫の対策はどのように行えば良いのだろう」

三重県にお住まいで、このようなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
そこで、この記事では自然素材の家での虫対策について解説しますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

□自然素材の家には虫が寄りにくい?

 

「自然素材の家は、虫が寄りつきやすいのではないか」
このようなイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

しかし、実は虫にとっては生きづらい環境だと言えます。
その理由から解説します。

 

1つ目が、湿度が低くなるからです。
湿度は、虫が生息する環境に大きな影響を与えます。
無垢フローリングなどの調湿性がある自然素材を使用していると、真夏や真冬でも湿度が50パーセントから60パーセント程度に保たれます。

一般的な住宅であれば、夏に特に湿度が高くなり、ゴキブリなどの害虫がそれらの湿気を好んで集まってきます。
しかし、自然素材を用いた家を建てることで、湿度が安定して低めに保たれるので、害虫が繁殖しにくい環境が保たれます。

 

2つ目が、防虫効果がある素材があることです。
ヒノキやヒバなどの素材には、フィトンチッドという成分が含まれています。
フィトンチッドとは、天然の虫除け効果のある成分であり、防虫効果の他にも、抗菌、消臭、脱臭など人体や暮らしに有益な効用があります。

 

以上の理由から、自然素材の家には虫が寄りつきにくいと言えます。

 

 

□自然素材の家の虫対策とは?

 

前の章では、自然素材を用いた家には、虫が寄りつきにくいということを紹介しました。
しかし、だからと言って虫が入ってこないというわけではないので、必ず虫対策を行う必要があります。

そこで、虫対策には何をすれば良いかを解説します。

 

1つ目が、こまめに掃除をすることです。
虫が集まる原因には、食べかすやゴミ、埃などがあります。
こまめな掃除で、虫の餌となるものがない状態を保ちましょう。

 

2つ目が、虫除けをおくことです。
最近では、かなり強力な虫除けもあるので、一定の効果を期待できるでしょう。

 

立地によって寄ってくる虫が異なるので、あらかじめ調べておき、対策をしましょう。
このほかにも、様々な対策があるので、気になる方は担当者にご相談ください。

 

 

□まとめ

 

この記事では、自然素材を用いた家での虫対策について解説しました。
虫が苦手という方も多いと思いますが、そのような方にも安心して自然素材を採用していただけるということがお分かりいただけたと思います。
そのほかにお困りのことがありましたら、ぜひ当社にご相談ください。

いつでも見学できる県内2ヶ所の常設展示場 ご来場予約 詳細はこちら
プロが教える!住宅会社選びにかならず役立つパンフレット無料プレゼント 詳細はこちら

Instagramはじめました。フォロー大歓迎。

本社事務所に集まった各部署のホットな情報をお届け。お気軽にフォローしてください。

アカウント名:天然樹ホーム ID:tennenjyu_koho

QR

インスタブラムフォロー

 

上に戻る

まずは、モデルハウスを見て体験しよう!

資料請求をしてみよう!