スタッフブログ

注文住宅を検討中の方必見!高気密高断熱住宅のメリットを紹介します!

 2021年08月06日

 

「高気密高断熱な住まいってどんなメリットがあるのだろう」
「高気密高断熱について詳しく知りたい」
このような疑問を抱えている方はいらっしゃいませんか?

 

この記事では、高気密住宅や高断熱住宅がどんな住まいなのか、またそのメリットについて解説します。
三重にお住まいで注文住宅をお考えの方はぜひお役立てください。

 

 

□高気密住宅と高断熱住宅について

 

皆さんは、高気密、高断熱というワードをご存知ですか。
家をつくったことのない方にとってはあまり聞き馴染みのないことばかもしれません。
というわけで、ここでは高気密と高断熱の意味をご説明します。

まず、高気密とは空気を密閉する性質が強いことを意味しています。
つまり、住まいの中の空気を外に逃さず、外の空気を中に入り込ませません。

次に、高断熱とは熱を遮断する性質が強いことを意味しています。
つまり、住まいの中の熱を外に逃さず、外の熱を中に入り込ませません。

したがって、高気密高断熱であれば、部屋の温度を一定に保てるのです。

 

 

□高気密住宅と高断熱住宅のメリットについて

 

高気密な住まいや高断熱な住まいの利点とはいったい何なのでしょうか。
ここからは、高気密住宅と高断熱住宅のメリットを3つご紹介します。

 

1つ目は、一年中快適に過ごせることです。
高気密高断熱であれば、冬は暖かく、夏は涼しく過ごせます。
なぜなら、空気や熱の移動を抑制できるからです。
室内と室外で空気や熱が移動しなければ、一定の室温を維持することが容易になります。

 

2つ目は、光熱費を安く抑えられることです。
高気密高断熱であれば、少ない暖気や冷気で快適な温度を実現できます。
そのため、電力の消費を抑えられ、光熱費が安くなります。

 

3つ目は、ヒートショック現象を防げることです。
ヒートショック現象とは、冬場の浴室や脱衣場で急激な温度変化によって脳梗塞や心筋梗塞を発症することです。
気密性が高いと、住まい全体の温度差がなくなるため、ヒートショック現象の発生を防げます。

 

□まとめ

 

今回は、高気密住宅や高断熱住宅がどんな住まいなのか、そしてそのメリットについてご紹介しました。
高気密高断熱にするためには、施工時に建材などの隙間を最小限に抑え、床や天井、壁に断熱材を施す必要があります。
当社では、内部建築中とお引き渡し時の2回気密検査を実施しています。
また、断熱材にもこだわっていますので、気密性断熱性には自信があります。
三重にお住まいで注文住宅についてお悩みの方は、ぜひ天然樹ホームへご相談ください(^^)/

いつでも見学できる県内2ヶ所の常設展示場 ご来場予約 詳細はこちら
プロが教える!住宅会社選びにかならず役立つパンフレット無料プレゼント 詳細はこちら

Instagramはじめました。フォロー大歓迎。

本社事務所に集まった各部署のホットな情報をお届け。お気軽にフォローしてください。

アカウント名:天然樹ホーム ID:tennenjyu_koho

QR

インスタブラムフォロー

 

上に戻る

まずは、モデルハウスを見て体験しよう!

資料請求をしてみよう!