スタッフブログ

注文住宅を検討中の方へ向けて!照明を選ぶ際のポイントについて解説します!

 2021年05月10日

三重県の自然素材の家 専門注文住宅会社【天然樹ホーム】です(^^)/

 

注文住宅を検討中で、どのような照明を選ぼうか迷っている方はいらっしゃいませんか?
照明選びでお部屋の雰囲気は劇的に変わります!
この記事では、照明を選ぶ際のポイントについて解説します。
三重にお住まいでこれからマイホームを建てる方に今回の記事が役立てば幸いです(^^)/

 

 

↑天然樹ホームの施工例/床:無垢材/壁:海藻土塗り壁 仕様

 

 

□照明の種類

 

注文住宅では、お客様の好みの合わせてさまざまな照明が使用されます。
部屋の照明は、主に主照明と部分照明の2種類に分かれます。
それぞれの照明について詳しく紹介しましょう。

 

 

*主照明

 

主照明は、お部屋全体を明るく照らす目的で使う照明です。
主照明の中でも、よく見かける一般的な照明がシーリングライトです。
天井に直接取り付け、部屋全体をくまなく照らしてくれるでしょう。
近年はL E Dタイプが人気で、色合いが変化するものや明るさを調節できるものもあります。

また、天井に埋め込むタイプで下方を照らすダウンライトもあります。
シーリングライトのように部屋全体に光を当てるわけではなくかげを作ることによって、部屋を立体的に見せ上質な空間づくりができるでしょう。

さらに、照明を見せずに光だけで空間を作る間接照明もあります。
壁や天井に光が当たりその反射光が周りを照らすことによって、落ち着いた雰囲気づくりができるでしょう。

 

 

*部分照明

 

部分照明は、部屋全体を照らす主照明とは異なり、部分的に照らす照明です。
今回は代表的な部分照明を3つご紹介します。

1つ目は、スポットライトです。
これは、天井や壁に直接取り付け、意図的にある場所を照らしたい場合に活用されます。
置物や壁にかけた絵などに光を当てて、部屋のアクセントにもできるでしょう。

2つ目は、ブラケットライトです。
これは、壁に取り付けるタイプの照明です。
種類が豊富なので、使い方によって部屋の雰囲気を変えられます。

3つ目は、フットライトです。
これは、足元灯とも呼ばれており、足元を照らす照明です。
センサーが人を感知すると自動的に光がつくタイプもあり、夜中にお手洗いに行く際などはとても便利です。

 

 

↑天然樹ホームの施工例/床:無垢材/壁:海藻土塗り壁 仕様

 

 

□照明を選ぶ際のポイントとは

 

照明の種類について説明したところで、次は照明を選ぶ際のポイントをご紹介します。

それは、色温度を考慮することです。
色温度とは、人工的な照明などの光源が発する光の色を表したもので、色温度によって見え方や雰囲気が大きく変わります。
また、これは、主にオレンジ色の電球色、白色の昼白色、そして中間の温白色に分かれます。
勉強やパソコンを使用する場所は昼白色または温白色、のんびりしてリラックスする場所は電球色が適しています。
このように、照明を選ぶ際は色温度を意識しましょう。

 

 

□まとめ

この記事では、照明を選ぶ際のポイントについて解説しました。
種類が多すぎてなかなか選べないという方は、ぜひ当社までご連絡ください。
お客様の要望に合わせて、理想的な照明を提案します。
三重にお住みの方は、当社で満足のいく注文住宅を完成させましょう。

いつでも見学できる県内2ヶ所の常設展示場 ご来場予約 詳細はこちら
プロが教える!住宅会社選びにかならず役立つパンフレット無料プレゼント 詳細はこちら

Instagramはじめました。フォロー大歓迎。

本社事務所に集まった各部署のホットな情報をお届け。お気軽にフォローしてください。

アカウント名:天然樹ホーム ID:tennenjyu_koho

QR

インスタブラムフォロー

 

上に戻る

まずは、モデルハウスを見て体験しよう!

資料請求をしてみよう!