スタッフブログ

注文住宅に和室を設けるかお悩みの方へ!そのメリットとデメリットを解説します!

 2021年05月06日

三重県の自然素材の家 専門注文住宅【天然樹ホーム】です(^^)/

 

注文住宅を購入する際に、悩むことが和室を設けるかどうかですよね。

 

最近は和室がない住宅も増え、必要ないとお考えの方もいるはずです。

また、完全な和室にするのか、リビングの一画に少しの畳のスペースを設けるのか。

この記事では、注文住宅を検討中の方へ和室&畳スペースついて詳しく解説します(^^)/

 

 

↑天然樹ホームの施工例/畳:い草/壁:珪藻土塗り壁 仕様

 

 

□和室のメリットとデメリットとは

 

和室の最大のメリットは、さまざまな目的で使えることです。
座卓と座布団を置けば来客時に対応する部屋として使え、布団やマットレスを敷けば、睡眠スペースとしても使えます。
使い方のバリエーションが豊富な和室が1つあれば、いろいろな用途に応じて使い分けられるでしょう。
そのため、いざという時に備えて和室を設ける方が多いです。

一方、和室は傷みやすいので定期的なメンテナンスが必要になります。
畳もふすまも障子も比較的に汚れやすく、定期的に張り替えが必要になるので、メンテナンスにお金がかかってしまいます。
しかし、定期的なメンテナンスが必要なことは、キレイな状態を長くキープできることにつながります。
しっかりとメンテナンスを行いきれいさを保つだけでなく、ダニやハウスダストの発生も予防しましょう。

 

 

□注文住宅に和室を設ける際のポイントとは

 

和室のメリットとデメリットを紹介したところで、次は注文住宅に和室をつくる際の注意点について解説します。

まずは、和室の広さに気をつけましょう。
和室を広々とした開放感のある空間にするためには、最低でも4.5畳、6畳あれば良いです。
さらにドアを半透明のものにする、または障子を使うとお部屋がより広く感じられ、心地よさがアップするでしょう。
和室は寝室や宿泊場所としても使う際は、押入れがあると布団を簡単に出し入れできます。

また、お子さんが遊ぶスペースとして使用する場合は、おもちゃや衣服をしまえる収納スペースがあるとさらに便利です。
和室にはいろいろなものを収納できるスペースを確保し、無駄な行き来をなくしましょう。

加えて、和室を設けるとほかの居住スペースが狭くなるという問題が発生する可能性があります。
しかし、広さを保つために収納場所を取り払うと、逆に使い勝手が悪くなってしまいます。
そのため、和室を設けるために必要なスペースを確保できるかどうかが重要です。
和室の間取りでお悩みの方は、ぜひ当社までご相談ください。

 

 

↑天然樹ホームの施工例/リビングの一画に畳スペースを設けた実例

 

 

□畳スペースを設けるポイントとは

 

畳スペースとは和室と違って部屋の一画に畳をはめ込んだり、座れるような小上がりになった畳スペースの事です。

和室と違って部屋の一画にあるため、そこまで広さを確保する必要がありません。

「少しだけでも畳のスペースが欲しい」という方が多く設置しています。

また、扉を付けて用途に合わせて開閉すれば、生活スタイルの変化にも対応できるようになります!

 

 

□まとめ

 

今回は、和室を設ける際のポイントについて解説しました。

和室はさまざまな用途に使えるので、いざという時のために用意しておくことをおすすめします。

当社は、天然素材を使用しているため、和室とはとても相性が良いです。

三重にお住まいで注文住宅に関心がある方は、ぜひ当社までお気軽にご連絡ください。

いつでも見学できる県内2ヶ所の常設展示場 ご来場予約 詳細はこちら
プロが教える!住宅会社選びにかならず役立つパンフレット無料プレゼント 詳細はこちら

Instagramはじめました。フォロー大歓迎。

本社事務所に集まった各部署のホットな情報をお届け。お気軽にフォローしてください。

アカウント名:天然樹ホーム ID:tennenjyu_koho

QR

インスタブラムフォロー

 

上に戻る

まずは、モデルハウスを見て体験しよう!

資料請求をしてみよう!