スタッフブログ

【お役立ち情報&豆知識】ルーフバルコニーについて解説します!

,  2021年04月10日

三重県の自然素材の家専門注文住宅【天然樹ホーム】です(^^)/

「ルーフバルコニーについて知りたい」
注文住宅をお考えで、このようにお思いの方はいらっしゃいませんか?
その場合、ルーフバルコニーを設計する際のポイントについて把握しておく必要があるでしょう。
そこで今回は、ルーフバルコニーについて詳しく解説します。

□ルーフバルコニーとは

部屋の上にあるバルコニーのことです。
バルコニーが屋根の代わりになっているものだとも言えるでしょう。

例えば、スペースを有効活用する場合は、駐車スペースの上にも設置できます。
さらに、降水時にも使えるものにしたい場合には、上に屋根をつけるという選択肢もあります。
このように、使用用途に合わせて設計できるため、アレンジ性の高さが特徴だと言えるでしょう。

しかし、戸建住宅に作る場合、メンテナンスや修繕について考えておく必要があるため注意しましょう。
それだけでなく、広くしたい場合はその分家を大きくする必要もあります。

ここでは、ルーフバルコニーのメリットを2つご紹介します。

1つ目は、広いバルコニーにしやすいことです。
下に部屋があり、スペースがある分だけバルコニーを作れるので、広い空間に仕上げられるでしょう。

2つ目は、上の階に設置した場合でも庭のように使えることです。
本来は庭がないとできないことを上層階で楽しめ、上の階にあることで周りの目も気にならないでしょう。
例えば、ガーデニングや家庭菜園ができるため、これらが趣味の方にはとても大きな魅力だと言えます。
さらに、家具を置いてカフェテラスのようにして食事するのも良いですね。

□ルーフバルコニーを設計する際のポイントとは

*落下防止措置を検討する

アウトドアスペースを上の階に設置するため、落下防止措置を検討しましょう。
例えば、フェンスや手すりなどがあれば安心できます。
さらに、小さなお子さんやペットがいる場合、壁に登れるようなものを置いていると落下してしまう可能性があるので注意しましょう。

*日除け用のシェードを設置する

夏の日差しが気になる場合は、日よけ用のシェードを設置しましょう。
その際には、巻き込んで収納できるものを設置することをおすすめします。
なぜなら、巻き込んで収納すると、邪魔になりにくいからです。
できれば、夏になる前に設置すると良いでしょう。

□まとめ

今回は、ルーフバルコニーについて解説しました。
注文住宅の購入を検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
また、当社は住宅に関するご相談を承っているので、三重にお住まいの方はお気軽にご相談ください。

いつでも見学できる県内2ヶ所の常設展示場 ご来場予約 詳細はこちら
プロが教える!住宅会社選びにかならず役立つパンフレット無料プレゼント 詳細はこちら

Instagramはじめました。フォロー大歓迎。

本社事務所に集まった各部署のホットな情報をお届け。お気軽にフォローしてください。

アカウント名:天然樹ホーム ID:tennenjyu_koho

QR

インスタブラムフォロー

 

上に戻る

まずは、モデルハウスを見て体験しよう!

資料請求をしてみよう!