スタッフブログ

住宅ローンの借り換え後の控除について解説します!

,  2021年04月02日

三重県の自然素材の家専門注文住宅会社【天然樹ホーム】です(^^)/

 

住宅ローン控除をお考えの方はいらっしゃいませんか?

また、住宅ローンの借り換えについても検討中の方は多いと思います。
その場合、借り換え後に控除を受けるための条件について知っておくと良いでしょう。
そこで今回は、住宅ローンの借り換え後の控除について解説します!

 

 

 

□住宅ローンの借り換えとは

 

新しいローンを借りて、返済中の住宅ローンを一括返済することです。
また、借り換えの際には、金利差の大きさや元金の多さ、残りの返済期間の長さによって、減らせる利息の金額は異なります。
借り換えのメリットは4つあります。

 

1つ目は、返済額を減らせる場合があることです。
今よりも低い金利のものに借り換えた場合、返済額を減らせることがあるでしょう。

 

2つ目は、長期固定金利に切り替えられることです。
変動金利で住宅ローンを借りていて金利上昇に不安がある場合、借り換えを検討してみると良いでしょう。

 

3つ目は、利便性が向上する場合があることです。
例えば、給料が振り込まれる口座と返済するための口座が別である場合、それらを1つにすると利便性が向上するでしょう。

 

4つ目は、団体信用生命保険の補償が充実する場合があることです。
これは、通常は住宅ローンの返済期間中に万が一のことがあった場合、残りのローンがなくなる保険です。
しかし、最近では万が一の場合以外でも、その残高がなくなる場合もあります。
借り換えする際には、補償が充実しているものに切り替えられる場合があるので、大きなメリットと言えるでしょう。

 

 

 

□借り換え後に住宅ローン控除を受けるための条件とは

条件は主に2つあります。

 

*当初の住宅ローン返済に充てること

住宅ローンを借り換えた場合、基本的に住宅ローン控除の対象外となります。
しかし、新しく組んだほうが、当初の返済に充てるものだと示せる場合は問題ありません。
借り換えをしても控除期間は延びない点には注意しましょう。

 

*住宅ローン控除を受けるための条件に当てはまること

借り入れた方の合計所得金額が一定の額を超えた場合 、またはローンの返済期間が10年以下であれば住宅ローン控除は受けられません。
そのため、住宅ローンの控除を受けるための条件に当てはまる必要があります。

 

 

□まとめ

今回は、住宅ローンの借り換え後の控除について解説しました。
住宅ローン控除をお考えの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
また、三重にお住まいで住宅に関して疑問点がある方は、お気軽に当社にお問い合わせください。

いつでも見学できる県内2ヶ所の常設展示場 ご来場予約 詳細はこちら
プロが教える!住宅会社選びにかならず役立つパンフレット無料プレゼント 詳細はこちら

Instagramはじめました。フォロー大歓迎。

本社事務所に集まった各部署のホットな情報をお届け。お気軽にフォローしてください。

アカウント名:天然樹ホーム ID:tennenjyu_koho

QR

インスタブラムフォロー

 

上に戻る

まずは、モデルハウスを見て体験しよう!

資料請求をしてみよう!