スタッフブログ

注文住宅をお考えの方へ!2階にお風呂を設置するメリットとデメリットを解説!

 2021年03月01日

三重県の自然素材の家専門注文住宅会社・天然樹ホームです(^^)/

新築・リフォームお考えの方で、2階にお風呂の設置をしようとお考えの方はいらっしゃいませんか?
2階にお風呂を設置することには、いくつかのメリットがあります。
また、メリットがあるのと同様に、デメリットもあります。
そこで今回は、2階にお風呂を設置するメリットとデメリットを解説します。

 

□2階にお風呂を設置するメリットとは

メリットは、3つあります。

1つ目は、寝室のすぐ近くに配置できることです。
例えば、小さな子供がいる場合、お風呂に子供を入れた後、子供を寝かしつける方は多いはずです。
その際に、1階にお風呂があると、1階と2階を移動する必要があるので、育児の負担が増えますよね。

多くの方が2階に寝室を設けられるので、お風呂が2階にあると、移動距離が短くなり、負担が減るでしょう。

2つ目は、洗濯の手間が省けることです。
バルコニーに洗濯物を干す場合、洗濯にかける時間を短縮できます。
なぜなら、お風呂場と洗濯機は同じ階にある場合が多いからです。

例えばバルコニーに干す場合、洗濯機できれいにしたタオルや衣類を、階段を上がって2階に干す必要があります。
しかし、2階にお風呂があると、洗濯物をすぐにバルコニーに干せます。
そのため、家事の負担も減らせるでしょう。

3つ目は、LDKを広くできることです。
2階にお風呂を設けた場合、1階には4〜5畳分の空間の余裕が生まれます。
これにより、1階のLDKを広く利用できるでしょう。

□2階にお風呂を設置するデメリットとは

メリットがある反面、デメリットもあります。

*1階への騒音

2階にお風呂を設置すると、1階への騒音が気になってしまう可能性があります。
これを改善するために、リビングも2階にすることや、きちんとした防音の壁や床にするなどの方法があります。
お風呂に入る時間を検討するという方法もあるので、工夫してこのトラブルを対策しましょう。

*シャワーの水圧

シャワーの水圧は、水を上に押し上げる力が必要になるので、お風呂が2階にあると水圧が弱くなることがあります。
また、オール電化住宅の場合に1階で給湯器を利用すると、水圧が弱まります。
これらが重なって、水圧が弱くなってしまうことも考えられるでしょう。

そのような場合には、高圧給湯器を選び、水圧を高めることをおすすめします。

□まとめ

今回は、2階にお風呂を設置するメリットとデメリットを解説しました。
注文住宅をお考えの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

また、当社は三重県の注文住宅を建設する会社です。
注文住宅に関するご相談があれば、気軽にお問い合わせください(^^)/

いつでも見学できる県内2ヶ所の常設展示場 ご来場予約 詳細はこちら
プロが教える!住宅会社選びにかならず役立つパンフレット無料プレゼント 詳細はこちら

Instagramはじめました。フォロー大歓迎。

本社事務所に集まった各部署のホットな情報をお届け。お気軽にフォローしてください。

アカウント名:天然樹ホーム ID:tennenjyu_koho

QR

インスタブラムフォロー

 

上に戻る

まずは、モデルハウスを見て体験しよう!

資料請求をしてみよう!